様々なファッション | 気軽にトレンドを取り入れられるファストファッション

様々なファッション

マネキン

環境により異なる傾向

現代の40代の女性がファッションに掛ける費用は、環境により異なります。 それは主婦なのかパートやアルバイトを兼ねているのか、また、正社員として働いているのかなどと、世帯の収入や子供の年齢などにもよります。 最も高くファッションに費用を掛けている40代の女性は、働いている独身の方です。 それは通勤着や仕事着など必要に迫られての事で、枚数を多く必要とする事からも高く費用が掛かる傾向にあります。 一方で専業主婦の40代の既婚者は、あまりファッションに費用を掛けない傾向にあります。 特に子供を持つ家庭でその傾向が高く、自身のファッションに費用を掛ける事なく家族に掛ける傾向にあります。 しかし子供のいない家庭や正社員で働く既婚者は、自身に掛ける費用は高くなっています。 自身への投資が出来る環境か否かが、ファッションに掛ける費用に反映されている傾向です。

激動の変化の後低迷期を迎えて

40代の女性のファッションは、時代と共に激動の変化がありました。 それは主に戦後を中心に、飛躍的に華やかなものになりました。 女性差別の撤廃や女性の社会進出が進んだ事もその背景にあります。 それからの女性のファッションは、時代を反映した華やかなものになりました。 例えば男性と肩を並べて働く事に価値が見出された初期の頃は、肩パッドの入ったファッションが流行しました。 それは強く威厳のある姿を求めての事と推測され、特にキャリア志向の高い働く40代の女性から高い人気がありました。 しかし時代はバブル経済の崩壊と共に長く低迷した時期を迎え、その頃より一転して華やかさや女性らしさまでをも抑えたファッションが主流になっています。 それは現代にあるべき女性像の模索とも考えられ、現在はその延長線上で、これからの40代の女性のファッションは社会の景気の上向きと共にまた華やかさを取り戻すと考えられます。